25.JUL.2015

デニムの色落ち、経年変化。

3
スタイリストの喜になるモノ。

ただいるだけで

あなたがそこに

ただいるだけで

その場の空気が

あかるくなる

 

あなたがそこに

ただいるだけで

みんなのこころが

やすらぐ

 

そんな

あなたにわたしも

なりたい

 

みつを

 

 

こんにちは!

スタイリストの佐藤です。

 

今日はデニムパンツの話。

 

身近なアイコンのひとつであるはずのデニム素材。

個人的にですが、しばらくデニム離れの時期がありました。

 

リサーチを兼ねて都内のショップを見て回った日があり

久しぶりに試しに履いたのが

このSTABILIZER GNZのパンツでした。

 

買った時は毎日履いて

良い感じに育てちゃる!って思っていたのですが

リジットデニムだったのでカチカチで

細いシルエットの物を選んだことも

さらにデニム離れを深刻化させました。

 

それからしばらく寝かせて、最近ガンガン履き

今のこの状態まで育ちました。

 

5

ジャストサイズで履いているので

ヒゲもくっきり!

 

4

2

いつもサイフを入れているケツポケ、

中央のベルトループにもアタリがでて、

 

1

ハチノスもいい感じに入りました。

 

無意識ですがひざ立ちする事があるみたいで

ひざ部分も色落ちしはじめてます。

 

このように、デニムの色落ちはその人それぞれの生活を映し出し、

インディゴの濃淡として描かれます。

そして、この濃淡はそのデニム唯一のもの。

 

こういった経年変化こそデニムが愛される

理由なのではないでしょうか?

 

なんちゃって。笑

 

履き始めの頃、階段の2段上がりもあやうい感じで

すごいストレスでした。

 

ストレッチが入ってないので

今でも段差で転びそうになったり

ガードレールを越えないといけないシチュエーションの時など

イラっとしますが

それでも履き続けてるので

ホントに好きなんだろうなぁと思います。

 

ちなみにストレッチ入りの別注パンツが

WISMさんで取り扱いがありますので

こちらもぜひチェックしてみて下さい!

 

もうしばらく自分型に

育ててみようと思います!

 

デニム履いて

つまづいたって

いいじゃないか

 

にんげんだもの

 

さとを

 

今日はこんな感じっす。

では良い週末を。


Information

Ranking

よく閲覧されているPOST

Tags

タグ一覧