24.JAN.2016

【M】 MACKINTOSH

TBD_M_img_
高い完成度と普遍性。約2世紀に渡り受け継がれる息吹。

TBD

File no. 013

《MACKINTOSH / マッキントッシュ》

 

英国トラッドを語る上で無視することのできない《マッキントッシュ》。

英国を代表するアウターウエアブランドの起源は、1823年に誕生したマッキントッシュクロスにまで遡る。

 

当時の防水布といえば、せいぜいキャンバス生地にワックスを施し、撥水性を高めたものがあったくらいのものだったが、科学者チャールズ・マッキントッシュ氏による発明は明らかに違った。

マッキントッシュクロスは、ブランドの代名詞となっているゴム引きコートのファブリックで、2枚生地の間に液化した天然ゴムを伸ばして圧着し、熱を加えたクロスのことを指す。

防水性に富み、ドライファブリックである同素材の登場が全英に衝撃を与えたことを想像するのは容易なはず。

その実用性の高さは当時、上流階級層の人々の間で乗馬用コートとして人気を誇った。

また第一次、二次世界大戦では、英国陸軍や英国国有鉄道で採用されたほどタフで機能的なものだったのだ。

 

そのゴム引きコートの製法は今も当時のままだというから驚きだ。

縫製を施した縫い目の裏すべてに防水テープを貼り、ライニング、ポケットも接着により取り付けられた完全防水仕様のアウターが1800年代に完成していたことになる。

作業工程は熟練の職人が指に特殊な接着剤を取り、伸ばしては貼り付け、ローラーをかけて乾かす工程を幾度となく繰り返して行われる。

そのため1着を仕上げるために多くの時間を費やすゆえに、限られた数しか生産することができない。

そんなクラフトマンシップを感じる希少性もファンを魅了している理由の1つに挙げられるだろう。

 

また、勘違いしないでほしいのは伝統はしっかりと継承しつつ、時代に合わせて《マッキントッシュ》は進化してきたという事実だ。

ファッションが上流階級から一般へと裾が広がった歴史もそうだし、さまざまなハイテク素材やコート、アウターが台頭しては消えてゆく中で《マッキントッシュ》は輝きを失っていない。

それはブランドが持つ独特の匂いや風合い、素材感といった変わらないよさと、積極的な仕掛けにある。

近年ではメゾンブランドとのコラボレーションで益々ブランドのプライオリティを高め、モダンブリティッシュを体現するハイクラスのアウターとしてブランド力をより高めてきたし、コートのシルエットをAラインからIラインに変更するなど、時代の流れもしっかりと取り入れている。

 

高い完成度と普遍性。

ゴム引きコートの息吹は、きっとこの先も受け継がれる正統トラッドの傑作といえるだろう。

 


Information

マッキントッシュ青山店

Tel: 03-6418-5711
http://www.mackintosh.com

-----

Trade Model :
Soutein Collar Coat
GR-001

ブランドの代名詞であるゴム引きコートのステンカラータイプ。

従来の製法はそのままに、2015年の秋からAラインのシルエットをより体に沿うIラインへ変更しているほか、ブランドラベルもダークブラウンからマットホワイトに一新。

トラッドな趣を継承しつつもモダンなイメージ。

そんな両テイストを見事に集約したデザインは、何時の時代でも輝きを放つ永遠のクラシックモデルとして新たな歴史を刻んでいくだろう。
¥150000

Ranking

よく閲覧されているPOST

Tags

タグ一覧